気まま夢日和

漫画・音楽・小説・スポーツ・料理etc...      やりたいことはぜんぶやる!!

*ほろにがカレー

4/1<dinner>

*ほろにがカレー

f:id:s405notfound:20160420014438j:plain

⚠︎警告⚠︎ここから先、心臓に悪い。

そういうの苦手な人は見ないでください。

 

夕食は本当はこの前荷物運び込んだ時に親切にしていただいたお店に

挨拶のついでにそこでいただこうと考えていた。が、金曜は定休日だった。

そこで料理が得意な後輩に勧められていたカレーを作ることに。

 

実は俺、包丁が本当に苦手で今までのはワザと包丁を使わないものを作っていた。

しかしやはり自炊する以上は避けて通れる訳がないので包丁デビューを決心。

 

カレーを作りはじめる。

 

遂に包丁の出番がきた。

私はもう本当に慎重に野菜を切っていた。

そして、野菜を全て切り終え、包丁の出番は終わった。

 

はずだった。

 

包丁に恐怖心を抱いていた私は、

一刻もはやく包丁をしまうべく包丁を流しで洗った。そして布巾で拭いていた。

 

その時だった。

一瞬の気の緩み。右手人差し指の先へ、包丁が。

私は焦った。血が。とても慌てていた。血が止まらなかった。

急いでティッシュで止血をし絆創膏を貼る。傷はそれほど深くはないはずだ。

血はおそらく止まった。

 

だが、その後の動揺振りは酷いものであった。

というか本文を書いているときも震えていた。

野菜・肉を炒める前に油をしき忘れた。お陰で新品の鍋が焦げだらけに。

これはまずいと思い、一旦具材を取り出し鍋を洗う。

多少は綺麗になったので今度はしっかりと油を注ぐ。注ぎすぎた。油がはねる。熱い。

今日、ちょうど雨が降りそうで、部屋干ししてあった生乾きのパーカーを羽織る。フードも被る。

その後も様々なミスを犯し続け、予定より40分ほど遅れてカレーは完成した。

焦げが酷い。ガンになる。

 

焦げの苦味がが意外と美味しい。

苦い思いをして作り上げた

苦いカレーである。

¥237.9
これまでに紹介した作品の一覧はコチラ!

漫画一覧

小説一覧

映画一覧