読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気まま夢日和

漫画・音楽・小説・スポーツ・料理etc...      やりたいことはぜんぶやる!!

イニシエーション・ラブ

小説

イニシエーション・ラブ

f:id:s405notfound:20160425112702j:image

作者:乾くるみ

巻数:全1巻

出版社:原書房

期間:2004

 
うわぁぁぁあぁぁ!もう‼︎
なんて小説を読ませてくれてんだ‼︎!
 
 
はい、この『イニシエーション・ラブ』は僕が東京に来てから読んだ1作目の小説です。
 
壮絶な受験戦争中、僕は多くの娯楽をシャットアウトしていました。
漫画・インターネット・パズドラ・テレビ……もー、勉強勉強の毎日です。
 
受験終わってからは遊びまくりです(笑)
 
あ、パズドラはもうやめちゃいましたけどね(笑)
受験勉強前まではかなりハマってたんですけど、受験期やらなくなって冷めてしまった感じです。受験が終わった頃、大好きな『BLEACH』とコラボしてたので大喜びでしたけど『BLEACH』コラボが終わった瞬間にパズドラはやめてしまいました…。
もうゲームは一切やってないですねー。
 
テレビはもともとそんなに観てませんでした。
さっき『ONE PIECE』のアニメ観たんですけど…あそこは泣けますね…
「よろしく頼むよ」。
逆に1人暮らししてから結構観るようになっちゃったんですけど、テレビ面白いですね!知らなかった情報とかタメになることがバンバン入ってきて楽しいです(笑)
 
で、そんな受験の束縛から解き放たれた僕は、さっそく古本屋へ向かいました。
今まで読めなかった漫画を買うためです。
 
あ、でも受験中も古本屋は行ってました。受験参考書を買うためです(笑)
 
そこで、僕は何故か小説を買い漁りました。何故かあまり覚えていません。
気が付いたら小説を買ってました。
 
もちろん漫画も買いました。
特に『ONE PIECE』はやっぱ面白いです!
受験中読めてなかった分、一気に読んで一気に引き込まれました‼︎
 
小説については…
小学生の頃は、'あさのあつこ'さんの『バッテリー』が大好きで、何周も何周も読んでました!
また久しぶりに読んでみたいです。
あ、そういえば『バッテリー』、アニメ化しますよね!?
めちゃめちゃ嬉しかったんですけど、なんかキャラデザが…
俺の知ってる原田巧じゃなくてショックでした…
 
中学の頃は漫画も小説もいっぱい読んでました‼︎
あの頃は'百田尚樹'さんとか'山田悠介'さんとか'東野圭吾'さんとか大好きでしたね!
今でも1番好きな小説は『  …
あ、コレは後々別の記事で紹介しますね‼︎
 
高校生の頃は小説なんて一切読んでいませんでした。漫画ばっかりです。
読んだ小説といえば、授業で読まされた『こころ』くらいです。
あ、そういえば、3年の夏休みくらいに、ストーリー作りの参考として'星新一'さん読みました!
 
そして何故か、受験終わってからは結構小説読んでます。
漫画より読んでますね。
 
まず、受験後すぐに『博士の愛した数式』を読み始めて、やっぱ小説面白い!って思ったんです。
博士の愛した数式』は中学の時に買って放置しちゃってた小説でした。
なんでこんな素晴らしい小説を今まで読んでなかったんだろうかと思いましたね。
でもこの小説を読んでたら確実に理系の道に進んでたので結果オーライでした(笑)
 
その後、後輩に熱く勧められた『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』を読みました。
これは今、切なすぎる恋愛小説として話題沸騰中ですよね。
今年の冬に映画化するらしいんで観てみたいです。
 
その後は『六枚のとんかつ』!
連作ギャグ(?)推理短編集!!
これはバカバカしすぎてもー大好き!!
電車のアリバイトリックは東京来てから凄く親近感(笑)
第3回‘メフィスト賞‘受賞作!!‘メフィスト賞‘が何なのかはよく分かってません(笑)
この小説で‘メフィスト賞‘の存在を知りました。
'日本で一番尖った賞'らしいよ…
でも東京来てから‘メフィスト賞‘のこと知ってる友達多すぎ…
やっぱ東京すげーわ……
 
 
で、やっと本題入ります!(笑)
 
この作者、'乾くるみ'さんも第4回で'メフィスト賞'を受賞してました…!
なんなんすか'メフィスト賞'!!(笑)
 
主人公・鈴木夕樹はある日、合コンの代打に呼ばれます。
そして、そこで出会ったマユに一目で恋に落ちてしまいます。
今までは奥手でダサくて…恋愛とはまるで無縁だった鈴木はマユの為にめっちゃ頑張ります。お洒落に気を配ったり、自動車免許を取ったりね。
何回かデートを重ねるうちに、鈴木は'たっくん'と呼ばれるようになって、少しずつ距離を縮めていき、いつしか二人は幸せな恋人同士の時間を過ごすことになります。
本作は2部構成で、第1部である'side-A'のあらすじはこんな感じです。
ただのイチャイチャパラダイスです(笑)
'side-A'はそんな幸せの絶頂で幕を閉じます。
 
'side-B'。
'たっくん'は静岡の会社に勤めていたが、なかなかに成績が優秀で、東京派遣の内示を受けてしまいます。
そう、マユを置いて東京へ引っ越しをしなくてはいけなくなったのです。
それでもたっくんは頑張ります。毎週のようにマユに会うため静岡へ帰り、東京と静岡を往復するような生活を続けていました。
静岡と東京での遠距離恋愛を続ける中で、二人には様々なことが立て続けに起こり、二人の心は次第に離れていってしまいます…
甘々な'side-A'から一転、'side-B'は試練の連続です。
果たして、二人の恋の行方は……!?
「甘美で、ときにほろ苦い青春のひとときを瑞々しい筆致で描いた青春小説ーー」
 
はい!ここまでのあらすじで読んでみたくなった方は、ここから先は読まずに『イニシエーション・ラブ』を読んでみてください!!表紙の裏とか帯のあらすじ等の情報は一切見ないでください!きっと前情報があるより数十倍は楽しめます。
 
ここまでのあらすじで、こんな小説の何が面白いんだって思った人はついてきてください。
もう少しこの作品の説明をします。
あ、ネタバレは一切しませんけど、面白さは正直半減すると思います。
 
というのも、実際に僕がそう思ったからです。
僕自身も上のあらすじを読んだだけでは、『イニシエーション・ラブ』を読もうとは思いませんでした。
ある宣伝文が僕にこの小説を読ませました。
それほどその宣伝文は興味深いものでした。
しかし、いざ『イニシエーション・ラブ』を読み始めると、その宣伝文が頭を離れません。
イチャイチャタクティクスを読んでいるのに頭の中はその宣伝文を意識しちゃってます。
そして読了…確かに面白かった!!
けど、確実にあの宣伝文を知らないままに読んだ方が楽しめた感はありました。
 
ですので、何も知らずに読む方が絶対にいいです。
でも、あの宣伝をしないと、(僕もそうでしたけど)そもそも読もうと思わない……難しいところですね。
 
1度覚えてしまったものを忘れるということは、忘れたものを思い出すより遥かに難しいらしいです。
今から、その宣伝文を紹介します。
この宣伝文は、もう、あなたの頭から離れません。
イニシエーション・ラブ』を数十倍楽しみたい方は、この記事をすぐに閉じて下さい。
 
 
「甘美で、ときにほろ苦い青春のひとときを瑞々しい筆致で描いた青春小説ーーと思いきや、最後から二行目(絶対先に読まないで!)で、本書は全く違った物語に変貌する。「必ず2度読みたくなる」と絶賛された傑作ミステリー」
 
はい、もー「最後から二行目」が気になり過ぎて読むしかなくなります!(笑)
甘々な恋愛小説を読んでる間も、最後から二行目には何が書かれているんだ…⁉︎いったいどんな仕掛けが…⁉︎と疑心暗鬼になってしまいます。
 
「最後から二行目」、これは本当に衝撃でしたよ!
素直に凄い!と思えました。
 
けど、何も前情報なしに、ただの恋愛小説だと思いながら読んでいて、最後にいきなり「最後から二行目」が目に飛び込んで来たとしたら……その衝撃は数十倍だったでしょう。
 
「最後から二行目」を意識しながら読んでた俺でさえ、
うわぁぁぁあぁぁ‼︎ってなりましたから、
全く知らなかった人はもー、
うわぁぁぁぁぁぁぁあぁぁぁぁぁぁあぁぁぁぁ‼︎えっっっーー‼︎⁇なにこれぇぇぇぇ⁉︎⁉︎は⁇⁇⁇え⁇うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ‼︎ってなります。
 
で、「必ず2度読みたくなる」だと⁇
2度目なんか読んだら頭おかしくなるわ‼︎‼︎
でもかなり混乱してたんで結局2度目をちょくちょく読み直しちゃいましたけどね‼︎
まんまと嵌められた気分だ…
 
なんか映画もやったらしいんでそっちも観てみたいです。
ただ、あの叙述トリックをどう映像化したんだ…⁇非常に興味深いです。
 
というわけで「最後から二行目」は本当に素晴らしいものでした。
 
が、恋愛小説として読んでみて、面白いかどうかと言われたら、正直微妙なところだと思います。
 
繰り返しになりますが、トリックは面白かったけど、あんな宣伝文でこの小説を知ったから、それを警戒しながら読んじゃってました。前情報なしでラストまで読んだらもっと面白かったと思います。
だけどあの紹介文がなかったらそもそも読もうとも思わなかったし、途中でもこの小説は何が面白いんだ?って思って読むの止めてたのかも。
本当に難しいところです!
 
だから、僕のこの紹介文を読んでいる人たちには前情報なしで衝撃の「最後から二行目」を読んで欲しかったんです‼︎
未読者でここまで読んじゃってる人がいたら、僕のプレゼン力不足だったので、これからもっともっとプレゼン力を鍛えていきます‼︎
 
 
以上、『イニシエーション・ラブ』でしたー!
 
<総評> 60%
<オススメ度>★★★★☆
 
これまでに紹介した作品の一覧はコチラ!

漫画一覧

小説一覧

映画一覧