気まま夢日和

漫画・音楽・小説・スポーツ・料理etc...      やりたいことはぜんぶやる!!

バケモノの子

バケモノの子

f:id:s405notfound:20160513010153j:plain

監督:細田守

脚本:細田守

原作:細田守

主演:役所広司,宮崎あおい,染谷将太

主題歌:Mr.Children『Starting Over』

2015 日本

 

最強親子・誕生!!!

 

映画ウィーク第3弾!『バケモノの子』!!

 

細田守監督のオリジナル映画、初めて観ました!

今まで細田監督の作品は『ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』しか観たことなかったです。

『オマツリ男爵』は『ワンピ』の映画の中で2番目に好きな作品です!

やっぱ凄い良いですよ!

ちなみに1番は『Z』です!!

『Z』観るまではダントツで『オマツリ男爵』が好きだったんですけど、『Z』が良すぎました(笑)てか『Z』がもう4年前とか信じられない…

新作も公開するし、『ONE PIECE』の映画シリーズもまた紹介しますね!

 

細田守監督。

友達から『サマーウォーズ』を観ろ観ろ言われ続けてはや4年。

妹にも『おおかみこどもの雨と雪』を勧められていた。

アニメ映画などほぼ観ない父が最近絶賛していた『時をかける少女』。

未だに観てません。ごめん(笑)すぐ観ます!!

 

でも、『バケモノの子』は僕の大好きなバンド'Mr.Childen'の

♪'Starting Over'が主題歌ということで、ずっと気になってました!!


Mr.Children「Starting Over」Live from TOUR 2015 REFLECTION

いやーー、この♪'Starting Over'!

間違いなく'Mr.Children'史に残る伝説の大傑作。

最新アルバムの中でもピカイチです!!

僕は本当に'Mr.Children'の大大大ファンで、ミスチルイントロドン大会なら全国優勝できると自負してます(笑)

その俺が大傑作と言うんだから間違いなく大傑作です!

一回聴いてみてください!!

ミスチルについてもまた別の機会で熱く語らせていただきます(笑)

 

そんな大傑作'Starting Over'が主題歌をするだけのことはありましたよ、

この『バケモノの子』!!良かったです!

ミスチルがアニメの主題歌することなんて滅多にないですからね!!

初期の『湘南爆走族』とワンピの作者・おだっちの懇願で実現した『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』ぐらいですからね!

『STRONG WORLD』も良かったなぁ…もう7年前とか、ホント信じられない…

 

だいぶ話があっちこっち行きましたね(笑)

今からは『バケモノの子』について!!

 

 

一人ぼっちの少年・九太はひょんなことからバケモノの世界に迷い込む。

そこで熊のようなバケモノ・熊徹に拾われ、弟子になる。

 


「バケモノの子」予告


「バケモノの子」予告2

 

え、予告編、今、この記事書くにあたって初めて観たんですけど…めちゃめちゃ良いですね!特に'予告2'!!

 

さて、『バケモノの子』、友達からの評判通り、かなり良かった!!

バケモノの世界にはワクワクしたし、九太と熊徹の関係もいろいろ考えさせられ、ちょっと大人になった九太の葛藤あり、可愛いヒロインとのボーイミーツガール展開あり、人間の闇あり、ファンタジー要素あり、アクションあり…

あれ、なんだこれ、改ためて考えるとなんでもありじゃねぇか(笑)

 

そう、まさにこれは言おうとしてたんですけど、なんでもありすぎてテーマがぶれていた感はありました。話があっちこっちに。俺が言えたことじゃないすけど(笑)

特にボーイミーツガール要素はいらなかったかな、と思っちゃいました。

 

九太と熊徹、九太と本当の父との関係性とかの変化をもっとメインに、というかそれがメインなんだからそれでラストまで走るべきかとは思いました。

 

全体的には本当に面白かった!!

九太と熊徹、不器用ながらも、少しずつお互いを認め合い、支えあい、絆を深めていく。

この映画観て一番感じたのは、

育てている、教えている、と思っていてもそのまた逆も然り、ということ。

熊徹は九太を育てていたようで、同時に九太が熊徹を育てていたんですね。

ベストな関係ってこういうことですよね。

 

あとは、ギャグが割とまじな布石だった展開、アレはぶっちゃけ笑いました(笑)

 

というわけで、『バケモノの子』、けっこうオススメです!!

素直にああいう子弟関係っていいなぁとか思えました。

 

もーー、俺は熊徹さん大好きです!!

 

まだ観てない方は是非っ!

 

<総評>75%

<オススメ度>★★★★★

 

これまでに紹介した作品の一覧はコチラ!

漫画一覧

小説一覧

映画一覧