気まま夢日和

漫画・音楽・小説・スポーツ・料理etc...      やりたいことはぜんぶやる!!

NARUTO

NARUTO

f:id:s405notfound:20160531001217j:plain

作者:岸本斉史

巻数:全72巻

掲載誌:週刊少年ジャンプ

出版:集英社

発表:1999~2014

 

「まっすぐ 自分の言葉は曲げねえ… オレの…忍道だ!!」

 

どうも、木の葉の碧き珍獣・吉野シンゴです!

 

みなさん大好き『NARUTO』!

遂に読み終わりました!!

 

NARUTO』、僕は小学生の頃から大好きでした!その頃は漫画持ってなかったのでアニメですねー。『NARUTO-疾風伝-』になる前までは観てました! 

特に、リーの手術のエピソードに感動して号泣してた記憶があります…

 

あと『激闘忍者大戦』でしたっけ??ゲームです!

みんなでめちゃめちゃやってました!

確か'赤丸'が小さ過ぎて攻撃が全然当たらなくて最強だったような…(笑)

 

さて、基本的に僕は完結した漫画しか読みません。

NARUTO』が完結した時、なんか寂しかったんですけど、コレでやっと読める!って思いました(笑)

てか、もうすぐ終わる終わる言ってて全然終わらなかったですよね(笑)完結したら読むって言い続けて2年くらい経ってた気がします(笑)

 

そして、僕が漫画を集める条件がもう1つ。

古本屋さんで1冊¥100以下!たくさんの漫画を読みたいので。

はい、というわけで、『NARUTO』が1冊¥100になるまで待ち続けてました(笑)

(結局最終巻だけは待ちきれずにちょっと高値で買っちゃいました(笑))

 

 

かつて木の葉の里を壊滅に追い込んだ九尾の妖狐を封印された落ちこぼれ忍者・うずまきナルトが、里の長・火影を目指して数々の死闘を繰り広げる!

 

もう僕が今更紹介するまでもないほどの大人気漫画ですよね!

あんまりネタバレもしたくないし、全部語ってくと長くなりすぎるので細かいことは言いません!

 

僕がこの『NARUTO』を読んで1番感じた事は、'諦めないことの大切さ'!

主人公・ナルトは物語の初めは落ちこぼれで、九尾の妖狐が封印されている事から里の皆からも避けられていて、ひとりぼっちでした。

それでも、数々のエピソードを通じて、最終目標である'火影'を目指して決して諦めずに真っ直ぐブレずに突き進んで行くその姿には心を打たれました。

ナルトが実直に、自分の道を曲げなかったからこそ、徐々に力を付けていき、周りからも認められ、世界を動かすまでになっていく…

 

こんな事言うと怒られるかも知れないですけど、僕、どうしてもライバルのサスケが好きになれないというか、ぶっちゃけ嫌いなんですよ。

その理由は最後まで何がしたいのかよく分からなかった・自分の意思がブレブレだったこと。

で、この記事書いてて思ったんですけど、ナルトが真っ直ぐ過ぎたから、その対比(?)でサスケがブレブレだったのかなぁ…と。

相対するナルトとサスケの物語も必見です!!

 

というわけで、いろいろなエピソードやキャラや技や画や、言いたいことは山ほどあるんですけど(ネタバレ含むことはコメント欄で語りましょう(笑))、1番伝えたいことは'諦めないことの大切さ'!!

 

ナルトたちの成長をみて、自分ももっともっと頑張らないと!と背中を押されます。

というか小学校の頃から少年のナルトをみてきたので、最終巻の表紙のナルトを見るだけで涙が出そうになります(笑)よくもまぁあの悪ガキがこんな立派に成長してくれて……

 

<総評> 80%
<オススメ度>★★★★★
これまでに紹介した作品の一覧はコチラ!

漫画一覧

小説一覧

映画一覧